コミュニティビジネスA

2012.10.6(土)

 前回コミュニティビジネスについての永沢映さんのお話を聞いて、とってもワクワクしたということを書きましたが、ちょうど永沢さんが代表をしているNPO法人コミュニティビジネス サポートセンターで『コミュニティビジネスアドバイザー(CBA)認定講座』が開催されるというので、そこに参加することにしました。

 コミュニティビジネスアドバイザーはコミュニティビジネスサポートセンターが認定するCBをサポートするために必要な資質を備えた専門家ということで、CBを起業したい、CBで働きたいと希望する方に対して広い視点でサポートし、助言するために、地域のネットワークづくりから事業プランづくりまで、CB独自の視点でアドバイスを行う専門家を養成することが講座の目的となっています。 

 5月から始まって、全6回の講座では、『コミュニティビジネスとは』という基本から、成功と失敗両方の事例、法人格の選び方、地域ネットワークづくりのポイント、補助金・助成金といったことについての知識と、アドバイザーとして相談を受けるための演習を行いました。
 そして、最後の回では総まとめをした後に筆記と演習による認定試験。久しぶりの試験で緊張しましたが、筆記は持ち込み可ということだったので、なんとか記入して終えました。演習の試験では、試験官がCBの相談にやってきた人になって、それぞれ色々な設定で相談を持ちかけるのを、我々が対応するということをしました。意地悪(?)な試験官もいて、対応に苦労した人もいましたが、なんとか終了してあとは結果待ち。

 2週間後に郵送されてきた結果は、一応『コミュニティビジネスアドバイザーとして認定します』というものでした。よかった! ほっと胸をなでおろしたのでした。

 この講座を受けてみて、私にとって一番の収穫は、全国のコミュニティビジネスの実践事例を色々と知ることができたことと、一緒に講座を受講した仲間とはもちろん、Facebookを通じて全国でCBにかかわっているたくさんの方とつながりができたことだと思っています。

 CBアドバイザーの次のステップとして、CBコーディネーターの認定講座もあるのですが、さすがにそちらは今回は受けませんでした。

 今後もCBにかかわる活動をしている全国の先輩方の活躍に刺激を受けながら、地元のCBをサポートしたり、いずれは自分でも何かできたらいいなと考えています。