相続人になれない人

相続欠格:以下のような行為をした者は相続権をすべて失います。(特別な手続きは不要)

・被相続人または自分と同順位かそれ以上の相続人を殺害(未遂も)
・詐欺・強迫による遺言書の作成、変更、取消し
・遺言書の偽造・破棄・隠匿
・被相続人が殺害されたことを知っていて何もしない 

相続廃除:被相続人に対して虐待をしたり重大な侮辱を加える、その他著しい非行があった場合、被相続人の意思によって相続権を奪うこと。
・家庭裁判所の審判が必要(取消しもできます)
・生前に被相続人が請求するか、遺言書によって意思表示することもできます。