成年後見制度の研修(1)地域連携と社会福祉士への期待

平成30年7月20日(金)

 先日、所属している社会福祉士の団体「ぱあとなあ東京」の研修で、最高裁判所事務総局家庭局の西岡様から『診断書の改定と本人情報シート 〜社会福祉士に期待すること〜』というタイトルで、大きく分けて下記の三つの内容でお話を伺いました。

(1)  成年後見制度を取り巻く状況

(2)  地域連携における社会福祉士への期待

(3)  診断書の改定

内容を記しているときりがないので、私が印象に残った部分を何点か書いてみたいと思います。

(2)については、平成29年3月に閣議決定された「成年後見制度利用促進基本計画」に話が及びました。利用する人がメリットを実感し、本人の生活をより豊かにするためには地域福祉との連携、各専門職同士の連携が必要であり、そのために地域連携ネットワークおよび権利擁護支援の中核機関を整備することが求められています。

 今までどちらかというと本人の財産管理(保全)に主眼が置かれていたように思われる成年後見制度ですが、本人がメリットを感じられる制度・運用にするために、本人の社会生活の質の向上という視点を大事にする支援が求められるようになってきたと言えそうです。

 そんな中で社会福祉士には、福祉の専門家として司法と福祉を結ぶ役割が求められるとともに、自身が後見人等として活動することはもちろん、親族が後見人等になった場合の相談窓口になることも期待しているとの話がありました。
 私自身、親族後見人に対する情報提供や相談支援はとても大事なことなのに、そういった体制が整っていないと感じているので、これからは地域連携を図る中で、親族後見人を支援する仕組みができることを期待するとともに、自分でもそのようなことに関わりたいと考えています。