幻となった富士登山の夢

2016年8月22日(月)

  実は昨日から1泊2日の予定で、あるツアーに参加して富士山登頂を目指すはずでした。予定では今頃(8/22 午後)御殿場ルートの大砂走りを走っているか、転がっているか、とにかく下山の途についている頃。

 ところが日本列島をトリプル台風が襲い、出発前日のお昼頃になって、「現地ガイドの判断で、今回のツアーは中止になりました」との連絡がツアーを主催する旅行会社から入り、私の人生初の富士登山計画は幻となってしまったのです。

 富士山には一生に一度は登ってみたいと思いながら、なかなかその機会がなく今まできてしまったのですが、たまたま新聞の広告にローカルな観光会社のツアー案内が入っていて、そこで目にしたのが【日本最高峰富士山剣が峰 〜プリンスルートとダイナミックな大砂走 8月21日(日)〜22日(月) 】のタイトル。しかも、練馬区内の中堅観光会社のようで、ツアーバスの乗車地に光が丘が入っていました。これが一番の決め手だったと思いますが、慣れたガイドが同行し、7合目の山小屋に1泊して剣が峰を目指すということなので、今の私でも大丈夫ではないかと考えて、最初は家族に相談したところ、今回の日程では皆仕事の関係で一緒に行けないとのこと。ツアーなので、ひとりでも参加するかどうか…。病気になる前だったら、たとえひとりでも行きたいと思ったら申し込みしていたと思いますが、さすがに常に頭が痛いという今の体調と、筋力もだいぶ衰えてしまっている現状を考えた時に、ひとりでは不安だったため、時々ハイキング程度の山歩きを一緒に楽しんでいる練馬区内の行政書士のお仲間二人に、ダメ元で相談してみたところ、たまたま二人とも日程が空いていて、一緒に行きましょうと言ってくださったので、3人で申し込みをし、それぞれに装備等も準備して当日を迎えるはずでした。

 よりによってこの時期にトリプル台風が発生し、しかも登頂予定当日にそのうちのひとつが関東上陸。これは行くなという何かの啓示だったのかもしれないと考えてしまうような出来事で、やはり自然の力を侮ってはいけないとあらためて感じました。

 もっと体力をつけて、低山から登って準備を整えてから、来年また挑戦しましょうと同行予定のお二人とは話をしていますが、幻の富士登山計画、いつか実現できる日がくるのでしょうか…。