小さな旅(1)

2015年8月23日(日) 

 お盆が終わった8月の16日(日)、17日(月)、久しぶりに遠出をしてきました。

 目的地は木曽郡南木曽にある『田立の滝』。木曽川水系の坪川を源流として花崗岩質の峡谷にあるいくつかの滝を総称して『田立の滝』と言っているようです。何年間か治山作業のため入山禁止となっていて2011年頃に入れるようになったので、機会があれば行きたいと思っていたところ、社会人の長女が夏休みを利用して付き合ってくれることになりました。

 当初のプランは、木曽福島を拠点にレンタカーを借りて、1日目は上松の寝覚めの床辺りを散策し、2日目に田立の滝へ行くつもりでしたが、17日は全国的に雨という予報でしたので、急遽木曽福島に着いたその足で、娘に運転してもらって田立まで行くことに。

 午後からの登りで、しかも体調の関係で自分がどれだけのペースで登れるかわからなかったので、夕方までに戻って来られるか不安もありましたが、いざとなれば途中で引き返せばいいということで、他の登山者が戻ってくる中を登り始めました。

田立の滝1

 滝を見ると言ってもほぼ登山と同じで、山道を登りながら次々に現れる表情の違う滝を眺めてちょっと休憩、という感じ。新鮮な空気と水の音を味わいながらではありましたが、汗だくになって、まるで滝に打たれた(ちょっとオーバー?)ような恰好で登って、なんとか不動岩展望台というところまでたどり着きました。苦労して登った後に見る遠くの山々や眼下の緑、久しぶりに自然の雄大さを感じることができました。田立の滝2

 下りは誰にも遭遇せず、駐車場に着く頃には陽も傾きかけて、残された車は私たちのだけという状況でした。それでも雨にも遭わず、無事目的を果たすことができて、汗と泥にまみれた姿にはなってしまいましたが、爽やかな気分で木曽福島の宿に到着し、温泉でゆっくり汗を流して美味しいお料理を堪能しました。

田立の滝3

 

 普段はまだ頭が痛くて時折フラフラするのですが、なぜか自然の中にいると元気になれるようで、娘によると「お母さんは野生(?)のほうが合ってるんじゃないの」…う〜ん、確かに!