認知症サポーター養成講座と地域の見守り活動

2013.8.4(日)

 先日、光が丘区民センターにて「認知症を地域で支える〜認知症サポーター養成講座」に参加しました。認知症の方への声掛けや接し方についての講習の後、光が丘地域の見守りの取組みについても説明がありました。 区内6生協が連携して、安心して暮らせる街づくりを目指す「福祉のまちづくり・練馬」と福祉事務所、高齢者相談センターの主催です。配送や診療で地域に入っている生協が日頃から地域の様子に目を配り、関係者と連携して見守りをするという取り組みはいいなぁと思いました。

 認知症サポーターのことは知っていましたが、今回は区内の6生協と行政、民生児童委員、社会福祉協議会が連携して地域での見守りに取り組むということで、どのようなことをしているのか興味があって参加しました。そこに地域の住民が加わって、地域の人を地域で見守るという体制ができると、少しでも安心して生活できる地域になるのではないでしょうか。

 参加者には認知症サポーターのしるしとして「オレンジリング」が配られました。