酒井行政書士事務所

メニュー:日記・コラム
[*]前へ  [#]次へ
終末期の医療・介護に関する意思表明について

2017年10月29日(日)

 終末期の医療や介護については、本人が元気で自分の意思が表明できるうちに、家族なり支援者がきちんと本人の意思を確認して、できれば文書や記録に残しておくことが大事だと強く感じることが多くあります。

 グループホームで生活していたある被後見人の場合、命にかかわる重い病気の疑いがあったのですが、大きな病院で検査して治療を受けるか、そのまま看取りまでそこで生活し続けるか、判断が求められる状況になりました。それでも医療的な判断をする親族がいなかったので、複数の支援者が本人の意思を確認したところ、無用な延命措置はしてほしくないということを述べられたので、それに沿って情報共有しながら対応することになり、施設で最期まで過ごして穏やかに旅立たれました。
 成年後見人等には今のところ医療同意をする権限はありませんので、これが現実的な方法なのかなと思います。

 ただ、この方の場合は本人がなんとか自分の意思を表明できるだけの判断能力と身体状況だったので確認できましたが、急に倒れて意識不明となったり、自分の意思を表明する力が無くなってしまったような場合、医療的な判断をする親族がいない方はどうなるのでしょう。救急車を呼んで病院に運ばれれば、そこでは心臓マッサージや気管切開といった救命措置が行われ、その結果回復して自宅や施設に戻れるぐらいの状況になれば幸せですが、そのまま回復しなくても、人工呼吸器に繋がれたり、鼻からのチューブや胃ろうによる栄養補給といった延命措置がされることになります。たとえそれが本人の意に添わないことだったとしても、本人の意思を確認できなくなってしまった以上は、医療者は本人の命を救って生きながらえさせることが使命です。

 成年後見人等、本人の支援者としては、本人が元気なうちに、複数の人間で、いざという場合にどうしたいかという希望を確認して、書面に残しておくことが大事だと考えます。

 また家族の間でも、親御さんとはできるだけ元気なうちに、いざというときにどうしたいか、延命措置をしてほしいか、最期はどこで迎えたいかといったことを話し合って、希望を聞いておくことが大切です。何らかの形で記録に残しておくとより確実ですね。
 時には親の療養や介護について、兄弟姉妹の間でも意見が食い違うことがあります。ずっと近くで親の面倒を見てきて、親が余計な延命を望んでいないことを知っている娘が、緊急時に医師に余計な治療はしないで静かに見送りたいと伝えても、遠くから急にやってきた兄弟が「なんで救命措置をしないんだ、何としても生かしてほしい」と口を挟んだために、親御さんは人工呼吸器をつけられ苦しいまま何カ月も過ごすことになり、結局そのまま亡くなった、などということは少なくありません。

 そんな場合でも、本人が自分の終末期についての希望を書いて署名押印した文書があれば、これが本人の意思ですということで、兄弟や医師を説得しやすいのではないでしょうか。

 親御さんだけでなく、自分自身についてもいつ何が起きるかは誰にもわかりません。いざというときのために、まずは自分の介護や療養についてどうしたいのか、自分でよく考えて、それをきちんと文書として残しておくと、家族や周りの人にとっても助かることでしょう。

 それをもっときちんとした形で文書に残すものとして、費用はかかりますが、公正証書で「尊厳死の宣言書」を作るという方法もあります。



ケアマネさんに向けた成年後見制度についての講演

2017年8月20日(日) 

 先日、縁あって練馬区高齢者相談センターの中村橋支所で開催している『中村橋ケアマネ会』という管轄内のケアマネージャーの集まりで、『成年後見制度を知ろう! 〜利用促進の橋渡しに〜』というタイトルでお話をさせていただきました。

 一般の方とは違って、ケアマネージャーは制度についてはある程度ご存じということと、いただいた時間も1時間弱ということだったので、実務的なことを中心に、私が担当している方の事例もいくつかお話するという形にしました。

 特に強調したのは、『権利擁護』の視点を大事にして、ご本人が安心して暮らせないような状況があれば、成年後見制度を利用することによってそれが解決できないか考えていただきたいということ。ご本人から信頼されているケアマネージャーだからこそ、制度利用に踏み出す後押しをしてほしいということ。そして、何か問題があった場合には、早めに高齢者相談センター(地域包括支援センター)に相談してほしいということでした。

 また、成年後見制度を利用することによるデメリットもあるということも、後になってから「こんなはずではなかった」ということにならないように、きちんと知っておいていただきたいと思い、お伝えしたつもりです。
 例えば、事前にいただいた質問に、ご夫婦両方に後見人等が就いた場合に、夫婦の財産を併せることは可能ですか、というものがあったのですが、夫婦にしろ親子にしろ、後見制度を利用すると、本人の財産をたとえ家族であれ、他の人のために支出することは基本的に難しくなります。親から子への贈与や貸し付けといったこともできなくなります。ただ、一緒に生活しているご夫婦のような場合は、光熱費や食費といった生活費を按分して支払うことは可能です。ご本人の環境や制度利用に至った経緯等の事情は個々に皆違うので、各々の場合によって臨機応変な対応もできますし、そのような対応が求められます。

 また、皆さんが気になることとして、費用についても質問が出ましたが、後見報酬は東京家裁の場合は基準が決まっているので、ご本人の財産によって変わってきますが、基本は2万円/月程度となっています。申し立てにかかる費用も、鑑定がなければ印紙代や切手代、登記費用等として1万5000円もあればすみますし、その費用も、審判がおりると、ご本人のところから支払って構わないということになっています。(戸籍や診断書の手数料等は申立人の負担です)。

 講演後のアンケートでは、おおむね好評価をいただき、ほっとすると同時に、ケアマネージャーとして制度自体についての話を聴く機会はあっても、実際の後見人の活動や、申立てに至るまでのところ、どのように制度につなげたらよいのか、といったことについては、なかなか知っていただく機会がないのだなと感じました。

 今回お話させていただくにあたって、ケアマネージャーが成年後見制度の利用について、どのようなことに困っているのか等自分なりに調べたり、資料を集めたりすることによって、私自身が新しい視点で後見制度を考えるよい機会になりました。このような機会をいただいた中村橋支所の皆様にはとても感謝しております。

 毎度のことながら、反省点がいっぱいの拙いお話でしたが、今後も色々な立場から成年後見制度について考えていきたいと感じた講演となりました。



屋久島への旅(2)

2017年7月17日(月祝)

 今回の屋久島の旅は6月に大菩薩峠に行った時と同じ「Yamakara」というツアーでした。さすがに今回は寝袋とマットはレンタルして屋久島で受け取り、帰りも屋久島の温泉で返却ということで、とても助かりました。他の荷物はリュックに詰めて背負って行きましたが、普通の旅行の恰好で身軽に行って、現地でレンタルできるものはしてトレッキングの準備をして歩き、帰りもまた身軽にということも可能だなと思います。
 ツアーで一緒だったメンバーは15人程度で、年齢も住んでいるところも様々。もう一組母娘で参加している方がいたのですが、娘さんの20歳の記念にというお話でした。福島からいらしたという60代のご夫婦は初日の途中で奥様がみんなのペースについていかれなくなってしまいましたが、ガイドさんがひとり付きっきりで奥様の荷物も背負ってゆっくり歩き、暗くなってから無事山小屋に到着したということもありました。

 二日目はトロッコ軌道を延々と歩き、無事荒川登山口に出ることができました。そこから「まんてん」という日帰り温泉に寄って汗を流し、高速船の港で皆さんとお別れしました。

 屋久島は1年を通して雨が多いと聞いていたし、ましてや梅雨時なので、雨は覚悟で準備していましたが、前日まで降っていた雨が私たちが行った2日間は全く降らず、とても良いお天気。これも日頃の行いが良いから(?)と1人で勝手に納得していました。戻ってしばらくすると台風3号による豪雨で九州北部に被害があったので、ちょうどよい時に行けたのだなとつくづく思いました。

 鹿児島市に戻ってからは、今年5月にご主人の転勤で鹿児島市内に引っ越したばかりの知人が会いましょうと言ってくれたので、飛行機の時間まで、娘も一緒にお茶をしておしゃべりに花が咲き、しばしの再会を楽しみました。鹿児島で有名な「しろくま」というかき氷のような甘味があるのですが、そのハーフサイズがあって、「白こぐま」という可愛い名前だったので思わず注文。美味しくいただきました。そしてお土産にさつま揚げもしっかり買いました。

 今回の屋久島ツアー、飛行機に乗るのも病気をしてから初めてでしたし、長距離を歩いて山小屋泊というのも今の体力で大丈夫かと不安は色々ありました。それでも、逆に行くなら今しかないかなという想いと、娘が一緒ということで、何かあっても何とかなるだろうという気持ちで思い切って行くことにしました。準備の段階では、大きなリュックにパッキングするのも久しぶりで、結構時間がかかったので、もっと手早くできないとなぁ、なんて思いました。

 お陰さまで飛行機でも頭痛が酷くなることもなく、無事鹿児島まで往復することができました。もっとも国内なので、あっという間でしたが…。山歩きに関しては、さすがに1日目でふくらはぎが痛くなり、足はボロボロでしたが、なんとかガイドさんやツアーメンバーの皆さんのおかげで歩ききることができました。そのうえ、もともと汗かきなのですが、歩いているときも1人汗だくで、川に落ちたのじゃないかと思われるぐらい髪の毛びっしょり。恥ずかしい限りでした。それでも、屋久島の自然の造形や植物、動物に会い、おいしい水を飲み、満点の星を眺めてとても幸せな気持ちになることができました。歩いている間は必死で頭の痛みも忘れるぐらいだった気がします。

 今回思い切って屋久島まで行って、本当に良かったと思っています。ツアーに関わったガイドさんたち、ツアーのメンバー、一緒に行ってくれた娘、皆さんのおかげです。ありがとうございました!

 屋久島で得たパワー(?)でこの夏を乗り切れたらいいな。



[*]前へ  [#]次へ

▲上へ
酒井行政書士事務所(東京都練馬区、光が丘、石神井)トップページ