念願の富士登山3

平成30年8月14日(火)

 山頂では御来光こそ拝めたものの、神社へのお参りやじっくり記念撮影をする余裕はなく、いよいよ砂利道が延々と続く下山ルートへと向かいました。下りは歩幅を小さく、リズム良く足を運ぶことを心掛けて、とガイドさんに教えてもらったものの、足が勝手に大股で前に行ってしまい、膝や太もも、ふくらはぎの筋肉への負担は相当なもの。休憩の度に次の休憩ポイントはどこ?という感じを繰り返しながら、なんとかスタート地点となった富士スバルライン吉田口五合目まで戻ってくることができました。私の場合はあれ以上下りが続いたら、ギブアップしていたかもしれないと思うギリギリのところでした。

 今回の『一生に一度は富士登山』ツアーは、参加したみんながそれぞれの場所で美しい御来光を拝んで無事に下山し、家まで帰りつくことができたということで、本当に楽しく思い出に残る登山となりました。1,2年目に行かれなかったのは、きっと富士吉田ルートで上りなさいということだったんだな、と今になって思います。
 何年も私の勝手な想いに付き合ってくださったお仲間と、一緒に参加したメンバー、ツアーのガイドさんと付添いの方、その他にも色々な方のおかげで実現できたものと感謝の気持ちでいっぱいです。メンバーの1人が下山の7合目からペースダウンしてしまったため、馬に乗って下って行ったことも忘れられない思い出となりました。

 戻ってきた次の日からは思っていたとおり足がひどい筋肉痛になり、まともに歩けないし、一度座ったら起き上がるのが大変な状態が今も続いています。当分は富士山は登るのではなく、遠くから眺めて楽しみたいと思います。今度は美しい富士山が眺められるところに行きたいなぁ。